2013年09月07日

競売で落札した物件の内見

今日は大工さんと一緒に先日の不動産競売で落札したボロ戸建ての内部を見てきました。現地に到着すると先に大工さんと不動産会社の社長さんが来ていて、内部チェックをしていました。

中に入ると3点セットに載っていた写真の通りで、放置された冷蔵庫、洗濯機、パソコン、雑誌などが置き去りにされていました。

ただし引っ越す時に放置された家具家電や不要品があるだけで、そんなに量はありません。特に2階は何もなかったので、一階に放置された物品を片付ければ終わりです。

残置物を自分で処理するのは時間対費用の観点で損だと判断したため、大工さん経由で産廃業者での見積りを出してもらうことにしました。ただし戸建ての周囲を取り囲む草木は自分で処理することにしました。ごみ処理の大変さを経験してみようと思います。

残置物がなくなり、建物の内部全体が見えるようになってから再び大工さんとどうするか打ち合わせをします。築40年の割には建物はしっかりしていたので、どう生まれ変わるか楽しみです。



posted by 20代大家 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。